中京大学スポーツミュージアムは、大学の研究者が収集したスポーツ資料の他、大学関係者が寄贈をしたオリンピック関連資料約7,000点(2020年3月31日現在)を所蔵しています。

ミュージアムでは
【1】資料を利用した教育・研究活動
【2】展示による市民への公開
【3】デジタル・アーカイブズの構築
【4】学芸員の養成
を行っています。

これらの活動により、スポーツの学際的な研究ネットワークの拠点のひとつとしての役割を果たすことを目指しています。