中京大学スポーツミュージアムは、大学の研究者が収集したスポーツ資料の他、大学関係者が寄贈をしたオリンピック関連資料約7,000点(2020年3月31日現在)を所蔵しています。

ミュージアムでは
【1】資料を利用した教育・研究活動
【2】展示による市民への公開
【3】デジタル・アーカイブズの構築
【4】学芸員の養成
を行っています。

これらの活動により、スポーツの学際的な研究ネットワークの拠点のひとつとしての役割を果たすことを目指しています。

中京大学スポーツミュージアムの歩み

中京大学スポーツミュージアムの構想からオープンまでの歩みをご紹介しています。

続きを読む

館長挨拶

中京大学スポーツミュージアム館長 木村 吉次からのメッセージです。

続きを読む

スタッフ

運営スタッフ、協力スタッフの紹介です。

続きを読む

展示スペース

ミュージアムではオリンピックの収蔵資料や映像などを中心に、スポーツの持つ多様な価値を伝える内容となっております。

続きを読む

学習・体験スペース

本ミュージアムは、学芸員養成課程の受講生が活動できる場であり、そのための工夫が多くなされています。

続きを読む

ミュージアム規程

中京大学スポーツミュージアム規程をご覧いただけます。

続きを読む

資料の寄贈・寄託について

資料の寄贈・寄託をご希望の方へ 中京大学スポーツミュージアムでは、スポーツやオリンピックに関わる多様な資料を収集し、調査研究・展示・教育活動等を行なっております。 資料をお持ち...

続きを読む

ミュージアム施行細則

中京大学スポーツミュージアムの開館、資料等の受託及び物品管理等に関して細則としてまとめてます。

続きを読む

書式ダウンロード

展示・保管依頼書や寄託証書などは、本ページよりダウンロードをしてご利用ください。

続きを読む